ソファの選び方

リビングのメイン家具となる「ソファ」は、理想的な暮らしをかなえるとても重要なインテリア。 長く付き合って行きたいアイテムだからこそ納得のいくお買い物をしたいものです。 そこでArmoniaでは、座り心地はもちろん、飽きのこないソファはどんな基準で選べばいいのか、 選び方のコツをお伝えいたします。ぜひお役立てください。

設置場所、サイズについて

お部屋に合ったサイズを知るために、まずはソファを置きたいお部屋の大きさを計ってください。 テーブルを置きたい場所、テレビや他の家具を置く場所などを決めると必要なサイズが見えてきます。

部屋のサイズを測る

まずはメジャーを用意して、ソファを置きたいお部屋のサイズを測ってみましょう。
ソファーは考えているよりも大きな家具です。 ドアや窓、柱やコンセント、スイッチ、エアコンの位置も一緒に把握することがポイントです。
簡単なお部屋の縮尺図が描けるとソファ-を置くスペ-スはもちろんですが、ソファ-を運び込む通路も確保しやすいものです。 見付けた場所の候補から、実際にソファを置く場所決めましょう。

搬入経路のサイズも測る

マンションの場合はエレベーター、廊下のサイズなども測っておくことをオススメします。せっかく購入しても、 部屋に持ち込めないのでは意味がありません。推測や感覚で購入すると失敗するケースがありますのでご注意ください。

搬入経路の確認方法

家具の配置について

リビングセットの周りには、ソファやテーブルの大きさに加えて、人が通ったり座ったりするためのスペースを 確保する必要があります。ソファは他の家具とセットで配置することが多いもので、テーブルやテレビ等に合わせる場合、日常を過ごしやすく設置するために必要なスペースがあります。 日常の暮らしやすい動線を考えながら、家具や壁からのスペースを十分に取って、快適に生活ができる空間にしましょう。

ソファーとテーブルの間には空間が必要です。 一般的の理想としては座ったとき足を伸ばしてもぶつからないように45~50cmです。 ソファーの設置場所を考えて自分に最適なサイズを考えて見ましょう。

ソファの種類やカタチについて

様々な種類があるソファは日々、お部屋の中で一番触れる機会が多く、長い時間を過ごす重要な 家具の一つです。リビングで家族団欒で使う、1人で横になって使う…など日々のライフスタイル の中でどのようにソファを使うかをイメージしてみてください。 そこにどう座りたいのかを想像する。これが一番重要なポイントです。 座り心地の好みや、座るときの姿勢も人それぞれ。また手持ちのテーブルやテレビボードの高さに 合わせてコーディネートすることも重要です。


Armoniaソファの一覧はこちら

パーソナルソファ/1人掛ソファ

1人掛けのソファは、パーソナルソファといわれます。自分だけの座り心地を楽しめます。幅は約70cm~100cm程度と用途とデザインによって様々です。 好みの座り心地と、機能、設置スペースに合わせて選ぶのがよいでしょう。オットマン(足載せ)付きでさらにリラックスできるソファもご用意しております。

2人掛、3人掛ソファ

3人前後が掛けられる程度の幅のあるものを、2Pや3Pソファと言われます。 2人掛けなら2人しか座れないという意味ではなく、ソファの総幅を基準とした大きさの目安として考えられています。 幅は2Pで150cm前後、3Pでは170~220cm前後で、その存在感はまさにリビングの主役ともいえるソファです。 ゆったりと座れ、アームが低ければ横にもなれるその大きさは、充実した休息時間を与えてくれるでしょう。

カウチソファ、応接ソファセット

ソファの上で足を伸ばしたい方にとっては、まさにピッタリなカウチソファ。 カウチとは「長イス」であり、座面の左右に脚乗せ用の座面を追加した、L型形状のソファ、オットマンが最初からセットされているソファを指します。厳密な規定があるわけではなく、脚が伸ばせて、リラックスする事を目的としたソファを一般的にカウチソファと呼ばれています。 一体型は、一体型ならではのデザイン性や、連続した座面の座り心地にメリットがあります。オットマンタイプは、 独立している事により、その時々に応じて、ソファの左右好みのレイアウトで使えるメリットがあります。 カウチソファを配置する場合は、リビングに広々としたスペースがあり、ベッドのように寝そべったり、足を伸ばしてゆったりくつろぐためのソファが欲しい人にオススメのソファです。

ソファの生地について

ソファの張地には、ファブリック(布地)、合成皮革(PUレザー)、本革の3つが主に使われます。 張り地は直接触れ合う部分ですので素材によって座り心地や手触りに違いがあります。 肌触り、質感、メンテナンス性、耐汚性、伸縮性、価格、見た目、…等。数多くの特徴の中から、自分のライフスタイルに合ったものをお選び下さい。

ファブリック(布地)

ファブリック(布地)
張り地の中では一番カラーバリエーションが豊富で、お好みのカラーやお部屋に合った もの、様々な種類から選ぶことができます。Armoniaのソファは全てがカバーリングソファですので、飲み物のこぼしなど汚れてしまったときには洗濯も可能ですので衛生的です。 また、お部屋の雰囲気を変えたいときに新しいものに入れ替えすることが出来きます。

合成皮革(PUレザー)

合成皮革
合成皮革は、人工的に本革に似せて作られた素材のことです。 本革より安価で耐久性があり、発色が良いのが特徴。また、撥水性も高いため汚れを拭き取りやすいためお手入れが簡単です。 ArmoniaのPUレザーは傷つきにくい特注素材を使用し、柔らかい背後に通気孔をつけ、ふかふか感をアップさせた上質素材を使用しています。

本革

本革
本革は、しっとりとした質感で人肌に馴染みやすく、特有の高級感を備えているという特徴があります。 Armoniaでは、イタリア国内及び国外で本革製品のバッグや靴、ファニチャーの生産において、とても高い評価を得ている「Dal Maso社」製の高品質本革のみを 使用しています。定期的なメンテナンスが必要となりますが、本革は使い込むと、風合いが変わってきますので独特の変化を楽しむことが出来ます。

座り心地とその特徴

デザインを決めるのと同じくらい重要なのは、座面や背の固さ、座り心地です。 座ったときに体を受け止めてくれる感触は、内部の構造・素材によって様々です。 羽毛を使用したふかふかした座り心地、固めのウレタンのしっかりとした座り心地はまったく違うものなので、自分の好みや過ごしたいスタイルに合った座り心地をご検討ください。

羽毛(グースフェザー)

羽毛
ゆとりのある革系の素材で作られる事が多いソファで、身体全体を包み込むような座り心地が特徴です。 やや姿勢を崩したようなリラックスした姿勢でもしっかりと体をホールドし、ゆったりと長時間過ごすことに向いています。 Armoniaでは、高級羽毛布団や某有名ダウンジャケットメーカーなどで採用されているスモールグースフェザーをふんだんに使用。 職人の手により、ひとつひとつ手作業で1g単位で最適な量を詰め込ます。

ウレタン

ウレタン
Armoniaでは35mmの高密度ウレタンを使用。 一般的なソファに使われているウレタンは20~25mmになりますが、当店ではソファを末永くお使いいただくため、へたりにくさと耐久性にもこだわりました。 座面部分は、 2種類の高密度ウレタンフォームを2重に重ね合わせることで、絶妙な硬さのソファに仕上がりました。 座った瞬間に感じる「底つき感」を解消し、座り疲れにくい座面に仕上げました。

ポケットコイル

ポケットコイル
着座時のお尻の沈み込みが少なく、しっかりとした姿勢を維持したまま過ごすことが出来ます。 Armoniaでは、平行配列のポケットコイルを使用しています。 平行配列を採用する事でしなやかな座り心地をキープし、通気性もよく理想の座り心地を実現しました。 来客の多いご家庭や、企業の応接室等に向いています。

ソファのカラーについて

家具の色を決めるには、お部屋のスタイルが重要になります。 暖色系や寒色系のソファを1つ置くことでお部屋の雰囲気もガラリと変わります。 面積の大きな部分はトーンを抑えめにしながら、まとまりのあるお部屋に。 大胆な色を使う場合でもArmoniaのソファはカバーの取り換えが可能ですので季節に合わせて変えることもできます。

明度と彩度

「彩度」は色の鮮やかさを、「明度」は色の明るさを表します。赤・青・黄など色の違いや色調・色合い。 色味のある色を有彩色、白・黒・灰などの色味のない色を無彩色と言います。 同じ色でも明度が高いほど白に近づき(明るくなる)、低いほど黒に近づく(暗くなる)同じ色でも彩度が高いほどビビッド(鮮やか)になり、低いほど白に近づきます。

色相環

色には積極的なイメージの暖色や控えめなイメージの寒色等があります。 色には代表的な10色相の最も鮮やかな色、純色(じゅんしょく) があります。
色みの違いを色相(しきそう)といいますが、この色相の違いは、 暖かい色、冷たい色というように、色の寒暖感を生み出すのです。
一般的に、赤・オレンジ・黄色を言います。活発的な色で、元気な空間を作るのに向いています。 青・青紫を寒色といいます。爽やかさや涼しさといった印象を強調出来ます。
中性色は緑や紫や、白や黒、グレーのような無彩色もこれに含める場合もあります。中彩度のダークトーンで高級感を演出することができます。 刺激の無い色味は、リラックスした空間を作るのに効果的です。

コーディネート例

涼しさを感じる配色 Luna涼しさを感じる配色 Vento涼しさを感じる配色 Cielo
暖かさを感じる配色 Vento暖かさを感じる配色 Luna暖かさを感じる配色 CERCHIO
落ち着いたイメージ bella curva落ち着いたイメージ Forma落ち着いたイメージ BONITA

該当する商品が見つかりませんでした。
他の項目より再度お探しください。

「お客様の工場」という想い

トップへ戻る

Armonia は、自社管理工場を超えた「お客様の工場」から産まれています。
ブランドによる、ひとりよがりな大量生産の家具づくりではなくご購入されたお客様の声ひとつひとつにリアルタイムに耳を傾け日夜、工程の改善を繰り返しつづける、本当のお客様のための工場。全ての商品を、あたらしいお客様にとって、最高の状態でお送りします。
Armoniaのソファや家具は多彩なサイズやカラーバリエーションが豊富なのはもちろん、様々なお部屋のタイプにフィットしますのでお好みのタイプのソファに合わせてお選びいただけます。ゆったりとしたひとときをお過ごしください。

Design

Armoniaの商品は専任のデザイナーによるデザイン監修。
常に、時代と呼吸する、スタイリッシュなプロダクトを提供します。
また、お客様にとって心地よいカタチを突き詰めるために「脱モジュール」をかかげ、既成の寸法にとらわれない家具づくりに挑戦しています。

Design

Flame

フレームはお客様にとっては見えてこない部分。
ごく少数なものの、度々、さらなる耐久性をもとめる声を頂く中それを、貴重なご意見と捉え、強度アップを繰り返して参りました。材質にも拘りつづけ、現在は高品質なユーカリの木をメインに使用する木材として選定しております。

Flame

Cushion

クッションには沢山のお声を頂きます。
その多くが、座面の座りごこちと、長期間使用した際の、へたれ具合。お客様が最も気にされるこの点に、最大限お応えするために改善を繰り返してきたのが良いクッションの元にもなるウレタン材。
他社の同価格帯のものより遥かに高密度な材を使用し、最高の座りごこちを実現しています。

Cushion

Assemble

独自の厳しい人材登用試験 “Armonia Test”を乗り越えた、卓越した職人達が研ぎすまされたきめ細やかな技で、ひとつひとつの製品を組み立てています。また、家具は長期間使うもの。お客様の健康面への配慮も重要と考え、組み立てるための接着剤は、シックハウス症候群の原因となる物質の少ない、最高品質の「F☆☆☆☆(Fフォースター)」規格を使用。メーカー保証も、3年と長めに設定し、安心してお付き合い頂ける製品を、お届けしています。

Assemble

Inspect

Armoniaは、お客様からの厳しい声は、すべて検品にかかっている。そう考えています。どれだけ素晴らしいデザインや強度のものを作ってもお客様の手にそれが渡った時に、真価を発揮しなければ意味がない。他社の何倍ものコストをかけ、製品にキズがないか、ヨレがないか、ズレなく組み立てられるものになっているか。ソファなら、座り心地は 目指す基準を確かに超えているか。あらゆる観点から、緻密な検品を繰り返しています。

Inspect